主張と見解

【談話】 日米首脳会談について

新日本婦人の会会長 笠井貴美代

  24日、安倍首相とオバマ米大統領の首脳会談がおこなわれました。

 会談では、「日米同盟の強化」が強調され、普天間基地の辺野古「移設」、日米軍事協力のガイドライン見直しの推進などが確認されました。共同記者会見で安倍首相は、集団的自衛権の行使容認への検討状況を説明し、オバマ氏がこれを歓迎し支持すると応じたと述べました。日本国憲法をないがしろにし、名護市民・沖縄県民の意思や日本国民の平和の願いを踏みにじる、「戦争する国」づくりへの危険な企みはぜったいに許されません。

 会談の最大の焦点だったTPPは合意に至らず、共同声明の発表はオバマ氏の離日直前となりました。農産物の関税などで大幅譲歩を重ねる日本政府に対しアメリカはさらに迫り、「TPP協定を達成するために必要な大胆な措置をとる」などと共同声明に明記されました。安倍政権は、多国籍企業のもうけのために日本国民のいのちと暮らしを売り渡すTPPの交渉からただちに撤退すべきです。

 同時に今回、日米の不協和音が目立ちました。尖閣列島について、オバマ大統領は「日米安保条約5条の適用対象となる」と米国の従来の立場を述べる一方、「問題を平和的に解決することが重要」「日中は信頼醸成措置をとるべき」と繰り返し、靖国神社参拝に無反省で対中国強硬路線一色の安倍政権を暗に批判しました。25日、韓国での共同記者会見でオバマ氏は「慰安婦」問題について、「おぞましい人権侵害」「過去を振り返りながら未来に向かうべき」と異例の発言をしました。安倍政権が世界に通用しない歴史の改ざんをやめ、日本軍「慰安婦」問題の解決をはじめ誠実に行動するよう強く求めます。