主張と見解

【談話】 沖縄県知事選で圧勝の民意に応え ただちに新基地建設中止を

新日本婦人の会副会長 西川香子

辺野古新基地建設を最大の争点にした沖縄県知事選挙が11月16日投開票され、新基地建設断固反対を掲げた翁長雄志さんが、県民を裏切った現職に10万票の大差で圧勝しました。同時に行なわれた那覇市長選では城間幹子さんが、県議補選でも2人が、ともに「ひやみかち うまんちゅの会」(翁長後援会)の推せんで、勝利しました。保守・革新など立場を超えて島ぐるみでたたかい、沖縄と日本の新しい未来をひらく歴史的勝利です。また、県民を脅して新基地建設を力づくで強行しようとする安倍政権への怒りの審判です。

新日本婦人の会は、「新たな基地は絶対つくらせない」と沖縄県本部の会員が連日奮闘し、幅広い女性との共同をひろげ、全国の会員も心ひとつにたたかいぬきました。

選挙結果を受けてなお、日米両政府は、「辺野古移設を粛々とすすめていく」と公言し、沖縄防衛局が海上作業を再開するなど、断じて許されません。翁長さんが繰り返し訴えたように「問われているのは民主主義国家としてのこの国のあり方」です。安倍首相が解散表明で「どうしても国民の声を聞かなければならない」と口にするのなら、この民意に応えて、ただちに新基地建設を中止すべきです。

沖縄に続き、戦争か平和か日本の行方を左右する歴史的な総選挙がたたかわれます。沖縄の新基地建設・「戦争する国」づくりストップの女性と国民の意思をつきつけ、安倍政権ノックアウトへとおいこみましょう。

(2014年11月19日)