2020年4月9日

このままペットボトル増えつづけていいですか?

1-2面

 ふだん気軽に飲んでいるペットボトル飲料。リサイクルしているイメージがありますが実際は…?公共経済学が専門でNPО法人プロジェクト保津川(京都・亀岡市)の理事も務める大阪商業大学准教授の原田禎夫さんに聞きました。

ペットボトル、リサイクルよりも削減

大阪商業大学准教授 原田禎夫さん

わが家のペットボトル度チェック

海底に堆積するプラスチック

女性ニュース

国会スポット

3面

読者がつくるページ

スロースクワットの効果

おてんきてんきⅡ

<1480> RANKO

読者文芸 あなたも短歌

下村すみよ 選

4-5面

安倍首相はいのちと向きあえ! 新型コロナ対策の転換を

 新型コロナウイルスの感染急増で、抜本対策が急がれるなか、4月1日、安倍首相が政府対策本部として打ち出したのは「全世帯に、布マスクを2枚ずつ配布する」というもの。職員のいのちを奪った森友公文書改ざん問題の新たな事実も無視する安倍首相に、日本中が「本気でいのちに向き合え」「休業補償を、検査体制急いで」と声をあげています。

徹底した外出規制と補償、十分な検査・医療体制で抑制 ドイツ/山川由紀(在ドイツ30年)

ジェンダーリレー講座<78>

所得税法56条の廃止を――業者婦人の現場から③

全国商工団体連合会婦人部協議会会長 塚田豊子

ホットライン

―全国の新婦人が一目でわかる―

6-7面

産直運動で「腸活」生活を!

 最近よく聞く「腸活」ってどんなことなの? 農事組合法人「多古町旬の味産直センター」常務理事(腸活アドバイザー)の小林由紀夫さんの講演内容から紹介します。

母の歴史

1週間に1時間、教練が

山形県 横山知子さんのお話(3)

声を聞いて届ける 息苦しくない学校生活を 就学援助の拡充を

新型コロナで教育委員会と懇談

北海道旭川支部

給食費返還が実現!

愛媛・松山支部

 

【主張】新型コロナ感染から いのちと暮らしを守る抜本策と財政措置を

20200409-07面【声を聞いて届ける】

<新企画>性の話もっと気軽に

第1回 必要なことを伝わる方法で

性教育YouTuber シオリーヌ

8面

台風被害を乗り越えて

 「千葉県茂原市の花き専業農家の高坂です。このたびは全国の新婦人の皆様からお見舞金をいただきありがとうございます。大切に使わせていただきます。(後略)」。千葉県の花生産者・高坂順子さん(70)から手紙が届きました。2019年9・10月と連続した大型台風の被害を乗り越えて出荷を再開した「高坂園芸」を訪ねました。

SDGs(エスディージーズ 持続可能な開発目標

第13回 産直運動はSDGsの要①

文化情報

今の時代へのメッセージ『手塚治虫からの伝言 人間というもの』

 

一覧へ戻る