2020年10月15日 ピース&デモクラシー

【抗議文】教育機関に弔意表明を求める「通知」に抗議し、撤回を求めます

新日本婦人の会は10月15日、【抗議文】教育機関に弔意表明を求める「通知」に抗議し、撤回を求めます を内閣総理大臣らに送付しました。

 

 


内閣総理大臣 菅 義偉様

文部科学大臣 萩生田光一様

 

2020年10月15
新日本婦人の会
会長 米山淳子

教育機関に弔意表明を求める「通知」に抗議し、撤回を求めます

 

 内閣と自民党による故・中曽根康弘元首相の合同葬儀(17日)に合わせ、文部科学省が、全国の国立大学などに弔旗の掲揚や黙とうをして弔意を表明するよう要請する通知を出したことに、強く抗議します。通知では、国旗掲揚や国歌斉唱も要請しており、弔意表明の強制は、学術会議への違憲・違法の政治介入と重なる大問題です。税金を出している機関だからと有無を言わせず、憲法が保障する内心の自由を侵害することにつながります。
 そもそも、コロナ禍のもと、大量倒産、大量失業で多くの国民が苦しむなか、一政治家の葬儀に血税1億円を使うことは許されません。
 今回の通知に重ねて抗議するとともに、撤回を求めます。

 

 

 

 

※データは以下よりダウンロード可能です。

【抗議文】教育機関に弔意表明を求める「通知」に抗議し、撤回を求めます

 

一覧へ戻る