2020年11月11日 アクション

学術会議問題、新プラスター

 日本学術会議の任免拒否問題は、学術会議の独立性や学問の自由を脅かすだけでなく、言論や信教の自由など国民全体の権利の侵害につながり、「もの言えぬ社会」に通じる重大なもの。新プラスターを大いに活用して私たち自身の問題であることを広く伝え、撤回させましょう!

 

※下記画像をクリックすると、印刷できます(PDF)

 

 

 

一覧へ戻る