2022年10月21日 入ってよかった

仲間と集まって 保育所増員、学童設置を求めて実現へ

仲間と集まって保育所増員、学童設置を求めて実現へ

広島・福山支部多治米班 中川陽子(94)

 

 1962年のある日、私の住んでいるアパートに「新婦人です」と名乗る2人の女性が訪ねてこられました。すぐ近くの港町の福山市立保育所に定員(70人)オーバーで入れなかった長女のことについて、定員増を要請する運動をしていると話してくれ、感動して入会しました。

 保育所ふやしてと求める運動はすぐに始まり、毎夜のように集まり、保育所に市長を呼んでの交渉、署名活動などで増員をすることができました。

 その後、夏休みに子どもを預かってくれる学童保育所も港町に設置してもらえることになり、市全域に設置する運動にもとりくみました。当時の運動はほとんど要求にもとづく初体験のものだったように思います。

 私たちのまわりには、課題や要求が絶えることはありません。あの頃の子どもたちは孫をみるように成長しています。私たちがたしかな引き継ぎをしたいものだと思っています。あなたも、新婦人に入って、いい人生にしてください

一覧へ戻る