2019年7月25日

あれ? 学校 おかしくない?

1-2面

ルールが細かすぎる 黙食 息苦しい… 宿題多い! 校則きびしい

 黙って食べて、黙って行動、黙って掃除、一言でもしゃべったら反省文を書く。下駄箱の靴のそろえ方や手の挙げ方、座り方、机の上の教科書の置き方、宿題の出し方、筆箱の中も全部、決まっている! そんな学校がいま、増えています。こんなのおかしくない?

 

 

学校を超えて、父母と教師が気軽に語り合う場を
滋賀県立大学教授 福井雅英さん

 

 

3面

読者がつくるページ

おてんきてんきⅡ

<1447> RANKO

読者文芸 

<俳句> 鈴木節子 選

 

4-5面

介護の日々は突然に④(月一回)

共に生きるって素敵なこと

「認知症の人と家族の会」

新潟県支部代表・金子裕美子

 

虹はなにいろ?

第16回 いる、いない?自然、不自然?

さらだ(セクシュアルマイノリティと人権を考える会) 羽田クラップ

 

ドイツから見た日本

性暴力被害者が声を上げられない日本

山川由紀(在ドイツ30年)

 

女性研究者の
憲法リレー講座④

憲法と天皇制度<下>

法政大学法学部教授(憲法学) 建石真公子

 

時事クローズアップ

画期的なILO「ハラスメント禁止条約」

全国労働組合総連合国際局長 布施恵輔

 

6-7面

知っておきたい
食事情

安倍政権 逆立ちの米政策 (農民連ふるさとネットワーク 湯川喜朗)

 

子育てQ&A

Q:出産後、夫にイラついてしまいます

 

母の歴史

産休代替もなく…
富山県 本木 英子さんのお話(6)

 

ホットライン

―全国の新婦人が一目でわかる―

 

つぶやき 要求で 班からの運動実る!
チラシで成果を知らせて【大阪狭山支部・ゆうえん班】
通学路に横断歩道を設置【茨城・つくば支部どんぐり班】

 

【主張】この夏、思いっきり仲間づくりにとりくみましょう

 

8面

インタビュー 声を上げるのはいま!(Voice Up Japan代表 山本和奈さん)

女子大生蔑視の記事を掲載した「週刊SPAスパ!」編集部に抗議し、その行動力が注目された山本和奈さん。「ユース(若者)が声を上げる」活動を続けています。

 

ずいそう

150年の時を超えて
横山百合子
(国立歴史民俗博物館教授)

 

広瀬恒子さんが選ぶ子どもの本
ねえ、いっしょに

 

BOOK

一覧へ戻る