2018年12月14日 ピース&デモクラシー

沖縄・宜野湾市緑ヶ丘保育園の園長・母親による政府要請・報告と交流のつどいに参加しました

2017年12月7日、保育園の園舎屋根に米軍ヘリの部品が落下するという事故が起きた沖縄・宜野湾市の緑ヶ丘保育園。
「子どもの命を守りたい」「お空からは雨以外何も落ちてこない、と子どもたちに伝えたい」と父母会が立ち上がり、署名活動や宜野湾市、沖縄県、日本政府への要請行動を行ってきました。
それからちょうど1年たった12月7日、緑ヶ丘保育園の神谷武宏園長と母親たち4人が上京し、国会内で「事故の原因究明、再発防止」「原因究明までの飛行禁止」「普天間基地に知発着する米軍機の保育園上空飛行禁止」を求め、防衛省・外務省・警察庁へ要請しました。
県警が普天間基地に入って検証できない、証拠の映像や音声の解析もできていないなど1年経っても遅々として進まない政府の対応に参加者からは怒りの声が上がりました。
この要請には、沖縄の風、日本共産党、国民民主党、立憲民主党(紹介順)の衆参国会議員6人が同席しました。

一覧へ戻る