会のあゆみ

history

≪1960~1970年代≫
いのちと暮らしを守る運動、各地で

1962年10月19日に結成。「ポストの数ほど保育所を」「結婚退職や30歳定年制に反対」「狂乱物価から暮らしを守ろう」と、全国で運動を広げてきました。京都、東京、大阪など各地で革新自治体が生まれるなか、乳幼児や老人の医療費無料化、公害対策などは次つぎと実現。沖縄の全面返還、アメリカのベトナム侵略戦争に反対など、全国が力を合わせてとりくみました。国際婦人年(1975年)を契機に女性の共同がひろがりました。

≪1980~1990年代≫
軍事費削って暮らしに

1980年、「軍事費削って暮らし・福祉・教育の充実」をかかげた「新婦人秋の行動」がスタート。「危険な通学路に横断歩道を」「公園に新しい砂を」など身のまわりの要求を出し合い、自治体や国と交渉。毎年たくさんの要求を実現させています。「男女平等、女性の地位向上めざす新婦人春の行動」も始まり、要求別小組(サークル)の活動が本格的に広がりました。

「税金の使われ方がおかしい」とムダな大型公共事業の見直しを求めて運動。親子リズム小組が広がり、農民連と協力した産直運動がスタート。95年の阪神淡路大震災で助け合いの力を発揮し、全国から支援しました。湾岸戦争を契機にした海外派兵の動き、米兵による沖縄の少女暴行事件に怒り、「戦争反対、憲法守れ」「基地をなくそう」との行動をつよめました。核兵器廃絶署名6000万のうち新婦人が1000万以上集めて国連に提出しました。

≪2000年代≫
国連NGOに、平和で公正な世界へ

2003年、新婦人は国連経済社会理事会の特別協議資格をもつ国連NGOになり、世界の女性と交流・連帯を広げています。2017年にはニューヨクークの国連本部で核兵器禁止条約を求めるスピーチをおこないました。

東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故の被災者支援や復興、原発ゼロ、貧困と格差の解消、消費税増税反対などの運動をおこない、地球温暖化による記録的な酷暑や豪雨、巨大台風、大地震が日本列島を襲うなか、「カジノよりエアコン」「軍備より防災を!」と声を上げ、「戦争する国にさせない。憲法と民主主義いまこそ」と草の根から各分野で共同行動を広げています。