声明・談話・要請など

statement
【談話】3・11東日本大震災から1年にあたって

2012年3月2日 くらし・社会保障

【談話】3・11東日本大震災から1年にあたって

3月11日、東日本大震災・東電福島原発事故から1年を迎えます。あまりに大きな犠牲を払い、日本のあり方を根本から問いかけた未曽有の災害と人災。被災者の生活復興、原発ゼロ、いのち守る社会へのとりくみをつよめる決意を新たにして […]

放射能副読本を、児童生徒の不安にこたえ原発の危険性を正しく教える内容に改訂するよう求めます

2011年11月2日 声明・談話・要請など

放射能副読本を、児童生徒の不安にこたえ原発の危険性を正しく教える内容に改訂するよう求めます

2011年11月2日、新婦人中央本部は次の要請書を送りました。 放射能副読本を、児童生徒の不安にこたえ 原発の危険性を正しく教える内容に改訂するよう求めます

日本軍「慰安婦」問題――日韓協議について日本政府に要請

2011年9月22日 ジェンダー平等

日本軍「慰安婦」問題――日韓協議について日本政府に要請

野田新政権は、日本軍「慰安婦」被害者への個人賠償の協議を韓国政府から求められ、その対応が内外から注目されています。新婦人は、9月22日、韓国政府との協議に誠実に応じ、国による謝罪と賠償など解決を急ぐことを求め、野田首相と […]

【見解】公的保育制度の改悪ゆるさず、希望する人が安心して子どもを預けられる保育制度の拡充を

2009年4月15日 声明・談話・要請など

【見解】公的保育制度の改悪ゆるさず、希望する人が安心して子どもを預けられる保育制度の拡充を

「働きたいけど、子どもを保育所に預けられない」「保育料が高すぎる」など、いま、保育所へのさまざまな要求がうずまいています。こうしたなか、厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会少子化対策特別部会」は、2月24日、「新たな保育 […]

【談話】公的保育制度をこわす「新制度」案に反対し、今こそ緊急の保育所整備を

2009年3月5日 声明・談話・要請など

【談話】公的保育制度をこわす「新制度」案に反対し、今こそ緊急の保育所整備を

新日本婦人の会事務局長 米山淳子 「新たな保育の仕組み」を検討していた厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会少子化対策特別部会」は、24日、「新制度」案をまとめました。この制度は、国と自治体の保育の実施責任をなくし、民間企 […]

【声明】 教育基本法改悪法案の可決・成立に心からの憤りを込めて抗議します 子どもと日本の未来を守るために、引き続き全力をあげる決意です 

2006年12月16日 声明・談話・要請など

【声明】 教育基本法改悪法案の可決・成立に心からの憤りを込めて抗議します 子どもと日本の未来を守るために、引き続き全力をあげる決意です 

2006年12月15日、政府・与党は、教育基本法改悪法案を自民・公明の賛成多数で、可決・成立させました。徹底審議をもとめる多くの国民の声を無視し、改悪教育基本法を成立させたことに心からの憤りを込めて抗議します。 改悪教育 […]

【談話】 いじめ自殺、高校未履修・・・問われる教育、教育基本法にたちかえってこそ 

2006年11月9日 声明・談話・要請など

【談話】 いじめ自殺、高校未履修・・・問われる教育、教育基本法にたちかえってこそ 

いじめによる自殺や高校の必修科目未履修など、学校教育の現場で子どもたちが犠牲になる事件が次つぎとおこり、多くの人びとが心を痛め、根本的な解決をねがっています。とりわけ、子どもをもつ親にとっては、わが子にかかわる切実な問題 […]

【談話】「認定こども園」法案を抜本的に見直し、どの子にも豊かな教育・保育の保障を国・自治体の責任で

2006年4月13日 声明・談話・要請など

【談話】「認定こども園」法案を抜本的に見直し、どの子にも豊かな教育・保育の保障を国・自治体の責任で

就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律案」(以下、「認定こども園」法案)が今国会に提出されています。 「認定こども園」は、親の就労にかかわりなく、幼稚園でも保育所でも、ゼロ歳児から就学前の子ど […]

北京+10 女性の声と運動共同の力で 「男女平等・開発・平和」の目標の実現へ

2005年3月31日 ジェンダー平等

北京+10 女性の声と運動共同の力で 「男女平等・開発・平和」の目標の実現へ

新婦人しんぶん 2005年3月31日 新婦人を代表して参加した平野恵美子国際部長のレポート   ★北京行動綱領と成果文書を一致して再確認 孤立するアメリカ 「(北京会議から)10年たった今、女性は自らの権利を自 […]