ニュース

news
【抗議】菅義偉官房長官による「たくさん産んで国家に貢献して」との 暴言は許せません 速やかな辞任と罷免を求めます

2015年10月1日 ジェンダー平等

【抗議】菅義偉官房長官による「たくさん産んで国家に貢献して」との 暴言は許せません 速やかな辞任と罷免を求めます

新日本婦人の会は、菅義偉官房長官のテレビ番組の中での「子どもを産んで国家に貢献」などと発言したことについて、菅官房長官の速やかな辞任と首相による罷免を求める抗議文を送付しました。

戦争法(安保法制)強行に抗議!

2015年9月20日 未分類

戦争法(安保法制)強行に抗議!

9月19日未明、安倍内閣は国民の強い反対を無視し、違憲立法である「戦争法(安保法制)」を数の力で強行しました。こんな暴挙はゆるされません。新日本婦人の会は、9月19、20日、第164回中央委員会をひらき、以下の特別決議を […]

【特別決議】戦争法案の採決強行に満身の怒りを込めて抗議します! 戦争法廃止、安倍政権退陣、憲法と民主主義がいきる新しい政府を実現する歴史的たたかいへ! 

2015年9月20日 未分類

【特別決議】戦争法案の採決強行に満身の怒りを込めて抗議します! 戦争法廃止、安倍政権退陣、憲法と民主主義がいきる新しい政府を実現する歴史的たたかいへ! 

年代も性別も職業も超えて自らの意思で、連日、国会周辺を埋め尽くし、全国各地で無数のデモや集会を繰り広げる国民の声にいっさい耳をかさず、9月19日未明、安倍政権と自民・公明両党は参議院本会議で憲法違反が明白な戦争法案の採決 […]

【パブリックコメント】第4次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)への意見

2015年9月14日 ジェンダー平等

【パブリックコメント】第4次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)への意見

新日本婦人の会は9月14日、第4次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)への意見を内閣府男女共同参画局に送りました。 【パブリックコメント】第4次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素 […]

【抗議】 労働者派遣法改悪案の採決強行・成立に抗議します

2015年9月11日 ジェンダー平等

【抗議】 労働者派遣法改悪案の採決強行・成立に抗議します

新日本婦人の会は労働者派遣法が強行採決されたことについて、安倍内閣総理大臣と山口那津男公明党代表に、「生涯ハケン」ではなく正社員へ、非正規の待遇や賃金を改善を求める抗議文を送付しました。

2015 World Conference against Atomic & Hydrogen BombsCommemorating the 70th Year of the Atomic Bombing of Hiroshima and Nagasaki

2015年9月4日 未分類

2015 World Conference against Atomic & Hydrogen BombsCommemorating the 70th Year of the Atomic Bombing of Hiroshima and Nagasaki

The 2015 World Conference against A and H Bombs was held from August 2 to 9 in Hiroshima and Nagasaki. 5500 pe […]

8・30 国会に12万人!全国各地でもいっせい行動!

2015年8月30日 未分類

8・30 国会に12万人!全国各地でもいっせい行動!

8月30日、戦争法案の廃案と安倍政権の退陣を迫る「国会10万人・全国100万人大行動(総がかり行動実行委員会)が行なわれ、国会行動には12万人が参加。北海道から沖縄まで全国各地、1000ヵ所以上で数十万人がいっせいに行動 […]

戦争法案かならず廃案に 署名23万余提出!

2015年8月26日 未分類

戦争法案かならず廃案に 署名23万余提出!

8月26日、衆院第1議員会館で「止めよう!戦争法案 議員要請・署名提出院内集会」(憲法共同センター主催)がおこなわれ、23万3107人分の署名(新婦人は9万7173人分)を提出しました。 集会では「地域から150人のハン […]

【抗議】 米軍ヘリコプターの墜落、相模原補給廠での大爆発火災事故、富士総合火力演習に抗議し、真相を隠さず明らかにすることを求めます

2015年8月25日 未分類

【抗議】 米軍ヘリコプターの墜落、相模原補給廠での大爆発火災事故、富士総合火力演習に抗議し、真相を隠さず明らかにすることを求めます

新日本婦人の会は米軍の相次ぐ事故について、安倍内閣総理大臣とバラク・オバマアメリカ大統領宛に、真相究明と再発防止を求める抗議文を送付しました。